上善は水の如し

上善とは、もっとも理想的な生き方、

そういう生き方をしたいと願うなら水に学べという事。

 

水は極めて柔軟で、

どんな形の器にもさかわらず器なりに形をかえて行く。

 

水はまことに謙虚で、

自分を主張せず自然に低いところに流れていく。

 

水は、静かな流れのなかに、

巨大なエネルギーを秘めている。

 

柔軟さ、謙虚さ、秘めたるエネルギー、

この三つを身につければ理想の生き方に近づける。

 

 

☆ うつわには したがいながら いわかねも とほすは みずのちからなりけり 

 

                              (明治天皇)