生きる上で大切なこと

01.社会にはコントロールできないことが山程


全てが想い通りになる人間が存在しないどころか、この世にはコントロールできないことなんて腐る程ある。教授に言われた通りに勉強すれば合格できることなんて、実社会では稀。


でも全てを想い通りにする必要なんてあるのだろうか、想い通りにならないからこそ”感動”するのが人生なんだ。感動のない人生なんて退屈だ。



02.気持ち次第で世界は変わる


物事には必ず複数の顔がある。それは見る方向、光の当たる角度で全く違う表情を持つ。何かに行き詰まったら、思い切って真逆を向いてみることだって必要だ。新しい世界を創るのではなく、新しい表情を見つけ出すのだ。



03.幸せは常に流れていく。 しがみつくべきじゃない


水は流れることでその鮮度を保つ。ずっとその場にいることは大切なことではない。全ての物事は動かなくなった瞬間からホコリをかぶっていく。人生をよく観察し、流れてきた幸せを掴み、去っていく幸せを追わずに、新しい幸せを見つけよう。



04.キャリアは決められたものではない


「キャリア」という言葉は、学生のときは漠然としすぎていて掴みづらいもの。あなたが身を持って時間をかけて築いてきたもの、それこそがキャリアの定義だからだ。


ただひとつだけ知っておいて欲しいのは、キャリアというのはまったくあなたの「オリジナル」なものであること。どんなキャリアを築いてもいいのだ。学校を卒業して、就職して、会社勤めをして・・・という選択肢だけが、キャリアではない。


あなたが思い描いて行動に移したすべてが、足跡として「あなたのキャリア」になっていく。そこには複数の肩書があってもいい。自由に、伸びやかにやればいい。



05.自分の体調管理は、プロ意識の第一歩


あなたが社会生活のあらゆるフィールドで活動できるのは、自分の身体が健康だからだ。社会は常に忙しいものだ。だからこそ日々、自分をいたわってあげる時間を設けよう。


メンテナンスは基本の食事、運動、睡眠のサイクルを整えること。そして無理をしすぎないこと。病気やけがをしたときに初めて、自分の身体が大事であることに気づくだろう。



06.「お金」についての基本的な知識


毎月の給料から天引きされている様々な税金や社会保険とは一体何なのか? 預金はどのように管理・運用していくべきなのか。社会に出てみると多くの人が「お金のことがよく分からない」と語る。これは自分で学ばないといけないところでもあり、会社の先輩にも聞いてみるといい。



07.多くの人は失敗する失敗の仕方を学ぼう


学校という場所は、「成功」に最も重きを置く。勉強はもちろん、スポーツでも課外活動でも、そこでは「上手くできた」人が最も立派だとされる。


だが人生は違う。どんなに優れた能力を持つ人間でも必ず失敗する。それも、何度も、ときには致命的に。だから大切なのは、そこからどうやって立ち上がり、学び、人生という長い弧を描くのに生かしていくかなのだ。優雅に失敗する術を学ぼう。


失敗をとがめる人は多いかもしれない。しかし失敗は、必要不可欠なものだ。失敗しない人というのは、何も挑戦していない証拠だ。大切なのは、失敗を活かすことだ。目的に対してとった行動がどれだけずれていたのか、何が原因なのか、分析して、微調整を繰り返すことで的の中心に近づけていく。



08.良きパートナーを見つける術


「恋愛をすること」と「その相手と共に生きていくこと」は、まったく異なる次元に属する事柄である。これは学生時代には、ほとんど分からないことだ。


とても簡単にまとめてしまえば、恋愛は「快」をベースにしているのに対し、生活は「不快」をベースにしている。そこでは相手を理解しようと努めること、そして例え理解が叶わなくとも思いやりと寛容を示すことが最も重要となってくる。



09.人生には明確なゴールがない


学校と人生の最大の違いって、もしかしたら「ゴールの有無」なのかもしれない。学校には、学期があり、年度があり、卒業という究極のゴールがある。そして学校とは、そのゴールのために、全力を尽くす場所だ。


でも人生は違う。そこにはたしかに「節目」はある。仕事、結婚、キャリア、出産、子どもの成長などの節目を迎えながら、あなたは少しずつ年老いていく。そして最後には、みんな必ず死んでしまう。


「死がゴール」なんて青臭いセリフを吐いていられるほど、人生を生きるのは容易いものではない。できることは、日々を精一杯生きていくことだけ。これだけは、やってみないとどうしても分からない。