自分自身の中に、全ての答えがちゃんとある

人生には「流れ」というものがあります。

   

あまり忙しすぎると、内なる自分と対話することが、できないし、

「流れ」を感じることもできません。

    

人生の「流れ」に乗るためには

少しの時間を見つけてリラックスすることです。

    

赤信号の時は、ゆったり待ち、空を見上げましょう。

    

交通渋滞の時は、ゆったり音楽でも聴きましょう。

     

ランチの時は、急いで食べずに感謝しながら、

ゆったり噛んで よく味わいましょう。

   

この「ゆったり」としたリズムが、

あなたに多くの気づきをもたらしてくれます。

   

そして、本当に早く行きたい時は、

信号が全て「青」になってくれることを体験するかもしれません。

   

本当は、急がなくても大丈夫なのです。

    

必要なものは、必要な時に現れるような仕組みになっています。

   

人生には、大きな流れがあるのに、      

それに逆らって泳ぐことが自分らしさだと 思われがちですが、

本当は俺が・私がの小さな我を捨て、流れに逆らわずに 

無心で 泳ぐことで本来の自分らしさがあらわれます。 

   

このように自然の流れに従った生き方を

日本古来から、かんながら(随神、惟神)と言います。

   

「神と共に生きる」「神のご意志のままに」という意味で、

この言葉は、日本人の根っこの精神性をよく表した言葉です。

    

これは何もせず 受身的に生きるという意味ではなく、

できることは精一杯やって、結果は天にお任せします

という意味であり、

   

自ずから天の意志(流れ)というものを推し量って生きる

という生き方のことです。


ですから、もし何かがうまくいかない時、焦りすぎている時、

緊張しすぎている時、力み過ぎている時、頑張りすぎている時は

少し ゆるめて今この瞬間に意識を向けて

天の意志(流れ)を感じてみてください。


大事なのは過去でもなく未来でもない、今この瞬間です。


そして自分自身の中に、全ての答えがちゃんとある

と信頼して、人生を楽しんでください。


このかんながら(随神)に沿った生き方こそが、無敵なのです。


人生はプールと同じ。抵抗するから苦しい。 


あなたが力を抜けば、私(本質)は浮いてくる。

    


*幸せはいつも「今」ここにあるから転載