人生で大切にするべきこと

自分の価値を誰よりも理解でき、誰にもない自分らしさが備わる人生の4回の表。

幾多の荒波も乗り越え、生きる歓びや居心地の良さが自分のなかできちんと言語化できる、責任ある大人の年頃。


40歳はきっと、そんな時期では。  きっと楽しいに違いない。



01.20代30代の延長で生きない


もちろん人生の時間軸は繋がっているけれど、まったく新しいライフステージと捉えて人生の充実感を高めよう。蒔いた種が芽を出し、今まさに花を咲かせた時間。経験を価値にしていこう。



02.損得よりも「好き」か「嫌い」かで判断する


20代は何が損で何が得かは分からない。30代になると過去の経験則からそれが分かるようになってくる。でも、損得の観念からもう一度、「好き」か「嫌い」かで自分の中に判断基準を持っても良いのが40代。



03.自分に似合うモノを知っている


あなた自身がとても心地よく思えて、素のままでいられるモノ、コト、場所。他人から「あなたらしい」と言われるようなものを備えておくことは、自分の価値を高める上で非常に役立つ。



04.大切な人とともに成長・成功していく


今までは自分のため、自分の成功、自分の将来を強く意識して日々を送って来たかも知れない。だけどここからは、大切な誰かのために自分が成長し、成功していくことだ。



05.人生の評価は自分自身が決めること


他人の意見はもういらない。自分の人生を歩んでいるのは他の誰でもなく自分自身なのだから。どう生きるかはあなたの心が教えてくれる。



06.人の幸せを自分事として喜べる


ねたみやひがみからは何も生まれてこない。他人が哀しみに暮れるとき、あなたの深い慈悲がいつかきっと、あなたに還ってくるように、人の幸福を共有できれば、その波動は周りの人の空気をも変える力がある。



07.自分を理解してくれる友達は少なくても良い


友人だけに頼らなくなるのも40代。人生の伴侶と家族を得て、精神の安定して時間を送れることの幸福感を味わえば、本当の意味で理解し合える友人が数人いるだけでも満足できる。



08.いくつになっても成長できる


限界を自分で敷いてしまっては、そこからどうやって伸びて行くことが出来ようか。学ぶのに遅いことなんてひとつもないのだから。



09.健康はお金では買えない


健康でいることは、人生の楽しみを他人と享受していくためにも必要なこと。そして、自分で自分を労るためにも。まずは、あなた自身があなたの身体を誰よりも愛してあげることだろう。



10.感謝が似合う人になる


「感謝をしたい」か「感謝されたい」かでは全く違った意味となる。感謝したい人にはストレスはたまらないが、感謝されたいと感じる人々は結果が意図しなかった時にはイライラがつのるもの。