旬 (ときめき) 

「本当の自分とは、

自分が一番ワクワクすることを、毎瞬毎瞬行動する自分です」 (バシャール)


小さな子どもは、

毎日がほぼすべて新しく経験すること。


だから、ワクワクドキドキと好奇心いっぱいに目を輝かせて日々を送る。


毎日を、

驚きや感動で感性豊かに過ごしている人は、右脳時間が多い人。


毎日を、

なんの感動も驚きもなく理性や知性や論理で過ごしている人は、左脳時間が多い人。



道端に咲いている小さな野花にも驚き感動する人…


朝の鳥のさえずりにも心躍る人…


身近な些細なできごとにもワクワクドキドキできる人…



感性豊かに、生き生きとした人生を送りたい。





時間感覚には、二種類あると言われている。


一つはニュートン時間、もう一つは、ベルグソン時間である。


ニュートン時間とは、

天体の運行から割り出された客観的な時間の経過であり、

時計の針の刻みとイコールで流れていく。


ベルグソン時間は、

その人の感覚や意識によって、

一瞬のように感じられることもあれば、

永遠に時の流れが止まってしまったように感じられたり、

1日が30時間にも、40時間にも感じられることがある。



ニュートン時間が流れているときは、左脳を働かせているときである。


また、ベルグソン時間が流れているときは、右脳がフルに活動している。


ベルグソン時間とは、イコール右脳時間なのである。


自分自身が熱中し、燃焼しているという実感のある人生、

本当にやりたいことに取り組み、その目標に向かってエネルギーを集中させてつき進んでいく。


こうした生き方を追いかけている人は、

右脳時間で多くを過ごし、目いっぱい満足した日々を送っているのである。



*1分で感動から転載