この世の中は、必ずなんとかなる、どうにかなる

若いうちは、この学校や会社に入れなかったら生きている価値はないなどと思い詰めることがある。

 

それは、

病気や事故、恋愛や人間関係の挫折や仕事上の失敗などに出くわしたときにも、同じことが言える。

 

しかし、

長い人生を振り返ってみたときには、そのときどんなに越えられない難問だと思ったことも、通り過ぎてみたら結局は、なんとかなっていた。

 

神様はその人に乗り越えられない壁は用意していない、というがまさにその通りだ。

 

人の悩み事や問題は必死でもがいていれば、必ず時間が解決してくれる。

 

そして、

時間が経過すれば失敗や不幸だと思ったことは、実は成功や幸せの始まりに過ぎない

ということに必ず気づく。

 

「どんな困難も、必ず最後にはなんとかなる か どうにかなる」

 

人は、悩んでいるのではなくて、学んでいるだけなのだから。

 

 

 

*一分で感動から転載