年を重ねるにつれて

年を重ねるにつれて、  

「はじめて」という体験は  

どんどん減ってくる。  

 

いつものやり方で処理し、  

いつもの考え方で問題を解決し  

いつもの朝が始まり、  

いつもの夜が来る。  

 

それは、面倒くさくない  

ある意味快適な日々。  

 

のはずが、  

なぜか人間、その繰り返しに飽きてくる。    

 

まれに遭遇する「はじめて」の体験は  

予定外のこと、想定外の出来事。  

 

それは、慣れきった新鮮味のない日常に  

感動を呼ぶこともあれば、  

悲しい現実を連れてくる場合もある。  

 

いずれにしても、  

感情を揺り動かすのは、  

「はじめて」体験。    

 

幼い子供の頃は、  

おそらく毎日が  

「はじめて」のオンパレード。  

 

大人になるに従い、  

失ってしまった「はじめて」。      

 

「はじめて」が連れてくる失敗の怖さや悲しさ を

味わいたくないための本能的な回避行動なのか?  

 

実際大人の大半は、  

「はじめて」を避けようとするかのように  

習慣の中に埋没する。  

 

でも、  

なぜか人間、その繰り返しに飽きてくる。  

 

そして、  

「はじめて」にチャレンジしている  

大人を見つけると、感動し、  

共感と尊敬の拍手を送る。