中国伝統医学について

               中国伝統医学について

現代医学は各専門分野が高度に専門化、独立化したため人間の健康を統合的に評価することが困難となっています。

その結果、疾病の予防、治療を全人的に行うことができなくなってきています。世界3大医学の一つである中国伝統医学は中国を中心に東アジアで生まれた自然観、生命観に基づいている。

この自然哲学は人間と自然を貫く法則として広く東アジアの基本思想を形成している。中国伝統医学では心身内外の病気の原因により心身システムのネットワークが破綻する。その結果として病気が発症する。


この心身システムネットワークのあり様は東洋の自然哲学をその基礎理論としており、有効な治療には心身システム破綻の在り様の正確な診断が必要である。

中国伝統医学は五臓(肺、心、肝、脾、腎)の各システムを調和させるシステム医学であり、心身一如の心療医学であり、自然環境に適応する気象医学であり、病態の変化に応じる時間医学です。 


伝統医学の治療は正確な診断に基づいて各システムの異常に対応する複数の薬物を組み合わせて処方を作成する。

それにより心身システムネットワークの破綻を修復する。

その結果として病気が治る。

このように、東洋の伝統医学は病気を診るのではなくその人間の心身システム全体を対象とする。


また、中国伝統医学では疾患の成り立ちを正気の減少(虚)「生体の恒常性維持能力の低下」を基礎として病気の原因(邪)が生体を侵犯した場合に病気が引き起こされる。


従って疾患を治療する場合 病変を除去(祛邪)するとともに正気の虚を快復させる(扶正)必要があります。

また、中国伝統医学では加齢とともに正気が減少するとされています。


中国伝統医学では病変に対する作用とともに正気の減少による人体の臓腑、器官の低下した機能の強化が治療目標となります。


更に重要な事は、中国伝統医学では心身を分離しておらず心と身体は一体であり不可分であるとして治療がおこなわれ漢方薬は患者のQOL(生活の質)を心身ともに高める作用を持っています。


特に高齢者では多臓器の機能低下が疾病の基礎にあり、心身ともに正気が減少しているため特に中国伝統医学による治療が必要です。


正気の虚を快復させる(扶正)治療は抗老化治療そのものであり、各種疾患の基礎治療となります。

また、このように、中国伝統医学の疾患概念は西洋医学の疾患概念と異なり、時間軸を含む多次元から認識される重層的な統合病態です。


例えば、加齢に伴って更年期には生理的に内分泌器官の機能低下に伴い交感神経の機能異常をきたしやすく、その結果高血圧が発症しやすい。

この加齢による生理的変化を東洋医学では予防及び治療可能であり、結果、血圧上昇のリスクを制御できます。


このように中国伝統医学では加齢による生理的変化を最小限にとどめる抗加齢治療が可能です。



漢方の知恵袋

         漢方の知恵袋 [イスクラ産業株式会社]

中国の長い歴史の中で育まれた中医薬学。中国の文化そのものともいえるその考え方は、 ”人は自然の一部であり、その調和の中に存在するもの“として全体的な健康を考える「整体観」の思想に基づいています。

「未病(病気になる一歩手前の状態)」を治す医学といわれる中医学。この知恵を生かして、病気にかかったり体調を崩したりする前に、季節に合った養生法でしっかり体を整えましょう。 


中医学の特徴の一つに「五行学説」という考え方があります。これは、宇宙を構成する全てのものは「木・火・土・金・水」のいずれかの特性を持っていて、5つに分類できるというもの。

それぞれは互いに影響しあっていて、それらが調和することでバランスが保たれると考えます。中医学では、この法則に当てはめて人体を5つに分類(肝・心・脾・肺・腎)し、季節(春・夏・長夏・秋・冬)や季節ごとの特徴(風・暑・湿・燥・寒)など、自然の影響を考えながら体を整えます。

季節によって、かかりやすい病気や体調不良があるのは、このように体が自然の影響を受けているからです。 

【春】

南から桜の開花便りが聞こえてくる頃になりました。うららかな春の訪れに心も浮き立ちますが、季節の変わり目は油断をすると体調を崩しがちに。環境の変化も多くストレスも溜まりやすい時期なので、心と体をしっかり養って春を元気に過ごしましょう。


春は「木」に属する季節(図参照)。万物が伸びやかに生まれ育つ時期で、新陳代謝も活発になり、体内の陽気も動き始めます。

初春のころは体がこの変化ついていけず、頭がぼーっとしたり、だるさを感じたりすることもありますが、無理をせず少しずつ体を動かすようにすれば楽に動けるようになります。 

また、春には「風」と「肝」が当てはまるので、春の養生では「風」の影響を抑え、「肝」を養うことが大切。

特に気を付けたいのは、精神的なトラブルです。「五月病」ともいわれるように、春は感情の調整機能を持つ「肝」が影響を受けやすく、イライラしたり情緒不安定になったりしやすい季節なので、「肝」を十分養ってストレスを発散するよう心がけましょう。 

体を動かして春の陽気を楽しもう


寒い時期はついつい運動不足になりがち。冬の間あまり体を動かさずにいた人も、少しずつ体を動かすようにしてみましょう。早起きを心がけて、さわやかな朝の散歩を楽しむなど、春の陽気を胸いっぱいに吸い込んでください。ストレス解消はもちろん、適度な運動が新陳代謝を高め、冬の間に増えた体重も自然と落とすことができます。 

また、髪をとかして頭皮を刺激すると、陽気を発散できて気分もすっきり。お風呂でリフレッシュしながら、精神の安定や「肝」の養生に効くツボを刺激するのもおすすめです。 

 食材選びや適度な運動など、心身ともに元気を養う春の養生法を暮らしに上手く取り入れて、気持ち良く春を過ごしてください。 




【夏】

しとしとと雨の降り続く毎日。雨は花や緑、農作物に潤いをもたらし、夏の大切な水源ともなる自然の恵みですが、湿気の多いこの時期は体調管理にも注意が必要です。

梅雨は日本ならではの潤いの季節。せっかくの恵みの梅雨ですから豊かな四季の移ろいとして楽しみたいものですね。


じめじめとした梅雨の時期は、なんとなく身体の重さやだるさを感じたり、食欲がなくなったりと、天気と同じように体調もすっきりしないことが多いもの。

中医学では、このような湿気の多い時期の体調不良を「湿邪」と結びつけて考えます。 


湿は自然界に存在する6気「風・寒・暑・湿・燥・火」の一つ。

これらが人体に入って身体に悪影響を及ぼすと、6つの邪気「六淫」となります。これに対し、体内の機能が低下することで身体の中から生じる5つの邪気を「内生五邪(内風・内寒・内湿・内燥・内火)」といいます。


このように、湿邪は外から入ってくる「外湿」と体内から生じる「内湿」に分かれ、いずれも身体にさまざまな不調を引き起こす原因となっています。 


湿邪の特徴は、重くて粘り気があり、停滞しやすいこと。身体のだるさや鈍い痛み、水分の停滞によるむくみ、胃の不調といった症状が現れますが、その症状は治りにくく、ずるずると長引くこともあるため注意が必要です。 


また、湿邪は湿気の多い季節によく発生するので、この時期は特に気を付けたいもの。食事や生活のちょっとした工夫で湿邪を追い払い、梅雨をすっきりと元気に過ごしましょう。 


梅雨だからこそ、毎日を楽しく

雨の日が続くと、外出もおっくうで家にこもりがちに。そんな季節だからこそ、毎日を楽しく過ごす工夫をしたいものです。

梅雨はうつ状態になりやすい時期でもあります。

電車やバスも遅れがちなので、出かけるときは時間にゆとりを持つようにするなど、なるべくストレスを溜めない工夫も必要です。

食事や生活のちょっとした心がけで、心身ともに元気に楽しく梅雨を過ごしてください。 



夏に気を付けたい、「心」への負担と「脾胃」の不調 

暑さからくる夏特有の体調不良は「暑邪」が原因。暑邪は自然界から入ってくる邪気「六淫」の一つで、この邪気に身体が侵されるのは高温多湿の夏だけです。 


陽邪であり、「炎熱」の性質を持つ暑邪が身体に入ると、熱で頭が働かずボーっとしたり、皮膚の弱い人は赤みが強く出て悪化したり、ひどく汗をかいたり、といった影響が現れます。

中でも、汗のかき過ぎには要注意。中医学では、汗を身体をみずみずしく保つ津液(水)の一つと考えています。汗をかき過ぎると、津液ととも「に気(エネルギー」)も消耗してしまうため、倦怠感や息切れといった体調不良につながるのです。


また、身体の水分が失われると血液が濃縮し、「心」にも大きな負担がかかります。汗のかき過ぎによる動悸やめまいは、心へのダメージ。

症状が重くなると心不全など重大な病気を引き起こすこともあるので、十分注意してください。 

もう一つ、夏に気を付けたいのは「脾胃」の不調。高温多湿の日本の夏は、暑邪とともに「湿邪」が侵入することも多くなります。

そのため、湿気に弱い脾胃の機能が弱くなり、食欲不振や下痢、夏痩せといった症状が現れるのです。 

このように、夏の暑さ対策は「心」と「脾胃」がポイント。夏の疲れや体調不良を秋に残さないよう、日頃の食事や過ごし方に気を配り、しっかりと予防、対応しておきましょう。 


私たちの身体は、「気(エネルギー・)血・水」の3つの要素で成り立っていると中医学では考えます。

身体は「気・血・水」がバランス良く保たれていれば健康ですが、夏は一年の中で最もこのバランスをくずしやすい時期。そのため、さまざまな不調が起こりやすくなるのです。


バランスをくずす原因は、夏特有の高温多湿の気候にあります。

日中は厳しい「暑さ(暑邪)」が続き、熱帯夜で睡眠が不足すればさらに体力を消耗します。また、「湿気(湿邪)」に弱い脾胃の機能が低下し、食欲不振や軟便の症状に悩まされることも。

どうしてもあっさりした食事を取ることが多くなり、体力の維持も難しくなります。 


また、本来夏にはなかったはずの「冷え(寒邪)」も夏バテの大きな要因。冷房による冷えや、冷たいものの摂り過ぎによる脾胃への負担は、疲れを回復する「陽気」の不足につながります。

陽気が足りなくなると、身体の不調もなかなか解消することができません。冷房に頼って汗を抑え過ぎると代謝も悪くなるため、夏バテの症状がさらに強くなることも。

夏の自然な暑さは、汗と一緒に身体の老廃物を排出し、代謝を活発にするためにも必要なものなのです。 


このような夏の不調をそのまま残しておくと、秋になっても体力が回復せず、抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなります。夏バテの症状はなるべく早く回復し、秋に向けて体調を整えるようにしましょう。 



夏から秋へ。季節の変わり目を上手に過ごす


9月に入れば徐々に過ごしやすい日も増え、少しずつ秋めいてきます。季節の変わり目にあたるこのころは、涼しさに身体が慣れない上に夏の不調を引きずっていることも多く、さらに体調をくずしてしまうことも。

体力が落ちていると風邪も引きやすくなるので、早めに倦怠感を解消し、季節の変化に慣れるようにしましょう。 


まず、涼しくなったら睡眠の改善を。眠りの質も良くなるので早寝早起きを心がけ、夏に消耗した体力を少しずつ回復してください。

ただし、だるさを解消するためには、身体を動かして陽気を活発にしておくことも大切です。休日でも、寝過ぎることのないよう注意しましょう。 


空いた時間には、ウォーキングや体操など気軽にできる運動を。

冬に向けてしっかり体力をつけておけば、風邪の予防にもつながります。季節の変わり目は気持ちも安定になりがちなので、身体を動かすことでストレスを発散し、心身ともに健康に過ごすよう心がけてください。 


中国には、秋を表現する「天高気爽(天高く、気分も爽やか)」という言葉があります。気持ちの良いこの季節をその言葉通り爽やかに過ごせるよう、夏バテを感じている人は今のうちに不調を取り除いておきましょう。 



【秋】

空気も爽やかに澄み、過ごしやすい季節になりました。

暑さも徐々にやわらいで身体もほっと落ち着きますが、高温多湿の夏に変わり、秋は「乾燥」が気になる季節。実りの秋は旬の食材も豊富です。

美味しい食養生で身体に潤いを与え、秋の乾燥から身体を守りましょう。


厳しい残暑もようやく終わりを告げ、季節はすっかり秋めいてきました。

夏に比べるとずいぶん過ごしやすくなりますが、気持ちのよい爽やかなこの季節にも体調を崩す要因は潜んでいるので油断は禁物。中医学では、人間の身体も自然界の影響を強く受けていて、自然とのバランスを保つことで健康を維持できると考えます。

季節の移り変わりがはっきりしている日本では、四季それぞれに身体に受ける影響を考え、対応していくことが大切です。 


秋は空気が乾燥しやすい時期なので「燥」の季節にあたり、「燥邪」の影響を受けやすくなります。

燥邪の影響を一番受けやすい臓器は「肺」。肺は、鼻やのど、気管支などとつながっているため、特に「肺」を中心とする呼吸器系の不調に注意が必要です。 


そのほか、秋にあたる「大腸」「皮膚」なども燥邪の影響を受けやすくなっているので、不調のサインを見逃さないようにしてください。 

中医学では、現在の体調は一つ前の季節の養生によってつくられるものと考えています。秋に身体を整えることは、冬を元気に過ごす準備にもなります。寒い冬に備えるためにも、心身ともに今からしっかり養生しましょう。


肺は、清気(酸素)と濁気(二酸化炭素)を交換する呼吸機能だけでなく、水分代謝を調節する機能、体温調節機能、外邪を寄せつけない免疫機能といったさまざまな役割を担っています。

健康な肺は体液や血液といった「陰液」で潤っていますが、これらの機能は、肺が十分に潤っていることでバランスよくその役割を果たしています。


しかし、夏バテで栄養が十分に摂れていなかったりストレスが溜まっていたりすると、身体の免疫力が低下し、肺は燥邪の影響を受けやすくなってしまいます。

燥邪によって潤いが不足すると、肺の機能が低下し、身体全体にさまざまな不調が現れるのです。 

肺が燥邪の影響を受けると、のどや鼻の乾燥、乾いた咳、粘りのある痰、口の渇きといった呼吸器のトラブルのほか、皮膚の乾燥やかゆみを感じたり、体内の潤い不足から便秘しやすくなったりすることも。 


このような症状を感じたら、身体が燥邪の影響を受けているサインです。潤いを好み、乾燥を嫌う「喜潤悪燥」という肺の特徴を考え、日頃の養生で身体の中から潤いを補い、早めに改善するよう心がけましょう。 


爽やかな気候で、身体を自然に養生


中国の言葉に、「自然之道、養自然之身」という言葉があります。

これは、食欲も出て睡眠も気持ちよくとれるこの時期を表す言葉で、「自然のままの気候で養生できる」季節ということ。秋は夏の疲れを回復し、これから迎える寒い冬に備えるために、無理なく身体を整えられる時期なのです。 


また、秋は人間にとっても体力を養う「収穫」の時期であり、それと同時に「収めていく」時期でもあります。

夏のあいだ活発に動いていた陽気を体内に収める時期にあたるため、スポーツを楽しむなら適度に。あまり動きすぎて陽気を発散しすぎることのないようにしましょう。 


日常の生活では、まず早寝早起きを心がけること。早寝で「陰」を養い、早起きで「陽気」を適度に動かすことで、身体の内側から陰陽のバランスを整えます。

乾布摩擦をしたり、温水と冷水を交互にシャワーを浴びたりすることで「肌」を鍛えることもオススメの養生法。肺を強くする効果もあり、冬の風邪予防にもつながります。 


また、秋は木々の葉が落ち始めたり、徐々に日が短くなったりと、ちょっとした憂いを感じる季節でもあります。

気分が落ち込みやすい人は、家族団らんの時間を過ごしたり、月見や紅葉狩りなど秋の行事を楽しんだりと、ストレスや鬱気分をためないように注意しましょう。




【冬】

厳しい冷え込みが続き、いよいよ冬本番の到来です。

年の瀬も迫るこの時期は、忘年会や大掃除、新年を迎える準備と、何かと忙しい毎日を送る人も多いのではないでしょうか。そんな時だからこそ、カゼなど引かず元気に過ごしたいもの。寒さに負けないよう、季節の養生でしっかり身体を整えましょう。


「春は生じ、夏は長じ、秋は収し、冬は蔵する」。中医学では四季をこのように捉え、それぞれの特徴にあった養生法を考えます。 


 冬は厳しい寒さで陽気が抑えられ、陰気が盛んになる時期。

万物が静かに落ち着いている「陰」の季節にあたります。活発な活動でエネルギーを消耗することは避け、「蓄える」ことを第一にゆっくり過ごす時期と考えましょう。 


また、冬の寒さは自然界の邪気「寒邪」となって身体に侵入し、さまざまな不調を引き起こす原因にもなるので注意が必要。寒邪の侵入によって身体が冷やされると、カゼ、関節の冷えや痛み、四肢の冷えなどの症状が現れます。

このような寒邪の侵入による症状を、中医学では「外寒」といいます。


これに対し「内寒」は、寒さによる陽気不足で体内の機能が低下本、身体に不調が現れるもの。腹痛や下痢、食欲不振といった「胃腸」の症状のほか、胸痛、動悸など「心」の症状、息切れ、咳といった「肺」の症状などが多く見られます。 


また、五行学説で考えると冬は「腎」にあたるため、腎を養うことも大切です。腎は生命を維持するエネルギー源「精」を蓄えている器官。腎の働きが活発であれば生命力も強くなり、元気に冬を乗り切れるのです。 


このように、冬の養生は「寒さ」と「腎」に対応することが大切。「養腎防寒」を基本に、しっかり体力を養いましょう。


寒い冬も明るく楽しく 

冬の寒さから身体を守る一番のポイントは、とにかく温かくすること。「頭」「背中」「足」の3ヶ所を基本に温めましょう。 


 頭が直接冷やされると、頭痛などの原因になります。

背中の冷えは、腰や背中、関節の痛みのほか、内臓の不調にもつながります。

また、足が冷えると呼吸器系に影響が出て、カゼをひきやすくなることもあるので注意してください。 


身体を温める身近な方法は、やっぱりお風呂。

冬はちょっとひと工夫して、血行を良くする唐辛子や痛みに効く紅花、冷えを改善するよもぎなどを入れるのもいいですね。 

服装もしっかりと保温できるよう工夫し、外出時にはのどを寒い冬も明るく楽しく守るマフラーやマスクでカゼ予防をしましょう。 


もちろん暖房も効果的ですが、汗をかいてカゼをひくこともあるので、適度な温度設定を心がけてください。また、時々換気をして部屋の空気を新鮮に保つこと、しっかり水分補給をすることも大切です。 


冷えは万病のもと。しっかり体質改善を 

「冷え症」は季節を問わず見られますが、冬は特に症状が強くなり、手足が冷たい、腰が冷えて痛む、といった悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。 


一般的には更年期や思春期の女性によく見られる症状ですが、最近は生活習慣の変化から、年代を問わず冷えを訴える人が増えました。過度のダイエット、身体を冷やす食生活、運動不足、薄着のファッションなど、現代の生活には冷えの誘因がたくさん潜んでいるのです。 


冷え性は病気ではありませんが、頭痛や肩こりなどのつらい症状を伴うこともあります。また、免疫力の低下にもつながることから、中医学では冷えを「万病のもと」と捉え、その改善をとても大切にしています。

冷え症にはさまざまなタイプがあるので、体内に潜む原因をよく考えて改善していきましょう。


まず多く見られるのは「瘀血」による冷え。

血行が悪くなり、身体の末端まで血液が行き渡らず手足などに冷えを感じます。

そのほか、身体を温める陽気が不足したり、気血が不足したりすることも冷えの主な原因となります。 


このような冷えの原因は、どれも身体を健やかに保つ「気・血・水」のバランスが崩れているということ。

つまり、冷え症を改善していくことは、体調そのものを整えていくことにもつながるのです。

寒い季節は自分の体質を見直すいい機会と考え、冷えから身体を守る習慣をしっかり身に付けましょう。 



生活改善で、身体の中からポカポカに 

病気でないとはいえ、冬場の冷えは本当につらいもの。

日常生活にも冷えの要因はたくさん潜んでいるので、ちょっとした工夫と改善を心がけましょう。 


ぜひ実践してほしいのが、毎日お風呂につかること。

ぬるめのお湯に「よもぎ」や「紅花」などを入れ、手足の先を動かしながらゆっくり入ると効果的です。 


普段からこまめに身体を動かすことも大切。適度な運動は、陽気や気血を手足の先まで行き渡らせ、血行を促進することにもつながります。 

また、服装にもちょっとした気配りを。体内の陽気は首やお腹、足元から逃げてしまうので、マフラーや靴下などで冷やさない工夫をしてください。

最近はおしゃれな「ハラマキ」もたくさん出ているので、お腹を温めるためにもおすすめです。そのほか、ゆったりした洋服や靴を身に着けるようにすると、血行の妨げにならず、冷えを防ぐことができます。 


気をつけたいのは汗。

せっかく温かくしても汗をかいてしまっては逆効果です。通気性の良い素材を選ぶなど工夫をしてください。 

ここに挙げたものは、どれも身近にできることばかり。食の養生と一緒にさっそく実行して、身体の中からポカポカな体質を目指しましょう。